お仕事インタビュー!

デイサービスの現役管理者に聞く、未経験者でも資格はあったほうが良いの?また、介護に役立つ資格やこれから取得したい資格とは?

介護職員初任者研修の資格はあったほうが良いかも。自分の知識を増やすためには、さらに上の資格や関連する資格を取得することも必要です

一般的に、介護の仕事をするのなら無資格よりもホームヘルパー2級(現在は介護職員初任者研修)や介護福祉士の資格は持っておいたほうが良いと言われています。では、それ以上の資格や介護の仕事をする上で持っておいたほうが良い資格には、どのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、デイサービスの現役管理者に聞く、未経験者でも資格はあったほうが良いの?また、介護に役立つ資格やこれから取得したい資格とは?について、インタビューをお送り致します!

介護の仕事をするには資格を持っておいたほうが良いのですか?

施設で介護の仕事をする場合には、未経験で何の資格がなくても構いません。という事業所はあると思います。でも、私の経験からお話をしますと、介護職員初任者研修を取得してから介護の仕事を始めることをおススメします。

もしも、資格を取得する上で費用が心配なら、ハローワークが窓口になっている職業訓練で求職者支援制度という制度を利用すれば授業料が無料になると思いますよ。

岡山では、県も岡山市も、介護の仕事に携わる人材の育成に力を入れているようです。

説明する志望者

授業料が無料はありがたいですね。資格があったほうが良いと思う理由は何ですか?

介護に関する知識があったほうが介護現場での仕事もやりやすいと思います。持っている知識と自分が重ねてきた経験を合わせることで、スキルも上がっていきますからね。

介護の仕事は、接する利用者様によって、いろいろな接し方や手法が必要です。だから、いかに自分の知識や経験の引き出しを増やすのか、がとても重要なことだと感じますね。私は「この利用者様には、この引き出しとあの引き出しを使ってみようか。」そんなことを考えながら毎日頑張っています。今みたいに働けるようになるためには、基本的な医学や介護に関する知識があった上で実務経験を重ねたほうが私は良かったんですよね。

引き出しをもっと増やすためにこれから目指したい資格などはありますか?

介護関連の資格でいうと、持っていないのはケアマネージャーの資格なんですけど、今はかなり難しくなっているんですよね。合格率はおそらく20%くらい。

それは難易度が高いですね。いつ頃、受験されるんですか?

まだ受験時期は考えていません。運良く取得できたとしても、次は研修の嵐らしいです。さらに、5年ごとに更新があり、その時にまた研修を受けないといけないんです。

ケアマネージャーとして仕事をしていきたいなら、受験に向けて勉強しようとも思うんですけどね。

目標はケアマネージャーではないんですか?

今のところ、デイサービスセンターの仕事を続けたいと思っています。だから、ケアマネージャーの資格を取るのも難しいし、取れたとしても今度は研修でしょう?今の仕事をしながらだとちょっと難しいかな、と思っています。

ケアマネージャーの仕事は今の仕事とは、まったく変わりますか?

そうなんですよ。ケアマネージャーになると、介護現場の仕事を離れて、在宅や施設のケアプランを立てる仕事になります。確かに、介護福祉士の資格取得ではカバーされていない分野を勉強できるので、興味はあります。でも、私は今の仕事が大好きなので今すぐ取ろうとは思っていません。いつかは取りたいとは思いますけど…。

ケアマネージャーの資格のさらに上の資格はあるんですか?

介護関連の資格では、ケアマネージャーの資格が最高峰だと思いますよ。関連した資格に社会福祉士がありますが、国家資格になるので、受験資格が厳しいはずです。おそらく、大学に通って必要な単位と取らないと、受験すらできないんじゃないでしょうか?

そうですか、他に持っておいたら介護の仕事に役に立つ資格はありますか?

福祉住環境コーディネーターという民間の資格があります。住宅改修工事をする際の手すりの位置やトイレ関係などに関する幅広い知識を学び、高齢者や持病をお持ちの方が生活し易いようにアドバイスするための資格です。私も3級は持っています。福祉用具支援相談員という資格も講習を受ければ取れる資格です。持っていれば福祉用具の会社にも就職できる資格です。

説明する志望者

まとめ

介護の資格や介護に関連する資格がいろいろと出てきましたね。各資格についてもう一度整理しておきましょう。

  • 未経験者でも介護職員初任者研修を取得しておくと、介護現場で仕事がやりやすい。
  • 介護福祉士まで取っておけば介護現場での仕事をする上で支障はない。
  • 多くの介護職員が仕事を続ける上で最終的に目指す資格はケアマネージャー。
  • 介護関連の資格には福祉住環境コーディネーターや福祉用具専門相談員がある。

これらの資格を取得することで仕事の幅は確実に広がりそうですね。一度にすべてを取得する訳ではないので、自分のスキルやステップアップに応じて、一つずつ取得できるところも良いですね。

※この取材内容は、全ての介護職、および介護業界の実情にあてはまるとは限りません。

お仕事インタビューの一覧へ