お仕事インタビュー!

現役のヘルパーステーション管理者に聞く、新たに始まった資格がなくても介護の仕事ができる介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは?

身体介助以外の支援をする、各自治体独自の新しいサービスです。

従来、介護の資格がない未経験者の場合は、介護施設で働くことはできても訪問介護の仕事はできませんでした。ところが、岡山市が平成29年4月から開始した介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)では、無資格、未経験でも訪問介護の仕事が出来るとのこと…。

どのような仕事内容なのでしょうか?

そこで今回は、現役のヘルパーステーション管理者に聞く、新たに始まった資格がなくても介護の仕事が出来る総合事業とは?について、インタビューをお送り致します!

総合事業とは、どのようなものなのか教えてください。

総合事業とは、岡山市で平成29年4月1日に始まり、倉敷市は平成30年4月1日から始まる新たな支援総合事業です。今までの介護予防サービスは、国が定めた介護保険制度に基づいていたので、単価も基準も全国各地同じでした。しかし、総合事業では、各市町村が単価や基準を決めて、運営することができます。各市町村が主体になるので自由度が高くなり、その地域に応じたサービスを利用者様に提供することが可能となります。

具体的には、どのようなサービスを提供することができるのですか?

総合事業では、身体介助はせずに、例えば、お掃除や買い物、洗濯などの家事援助などのサービスを提供することができます。

どのような方がお客様として対象になりますか?

認知症など要介護の認定がない方が対象です。

例えば、自転車に乗れない、車の運転ができないなどの理由で買い物に行けなくて困っておられる高齢者の方が対象となります。

倉敷市では来年(平成30年)から始まるそうですが、岡山市とは、また違った独自のサービス内容になるのでしょうか?

サービス内容は倉敷市独自のものもあるかもしれませんね。倉敷市は、岡山市の流れを見ながら調整しているところだと思います。サービス内容が異なることに特に問題はありません。しかし、岡山市と倉敷市がそれぞれ負担する介護保険の値段の差が大きく異なると、ヘルパーのお給料に差が出てくるので、その辺りも慎重に調整している段階だと思います。

総合事業が始まることによって、介護の仕事に携わる人にどのような影響がありますか?

無資格でも訪問介護関連の仕事をすることが出来ます。

今までは、決まった時間に利用者様の家に行ってケアプランに沿った介助を決められた時間内にするというヘルパーの仕事には、必ずヘルパー2級(現在は、介護職員初任者研修)以上の資格が必要でした。なぜなら、訪問介護は利用者様のご自宅で提供するサービスなので、介護施設のように周りに助けてくれる人がいない上に、機材が十分揃っている訳ではありません。そのような、不十分な環境の中で、あるものを使用しながら一人で全てに対応しなければならないからです。ですから、介護に関する知識がないのは絶対にダメなんですよ。

新たに始まった総合事業であれば、岡山市が主催する講習を受けて、修了証をもらえれば掃除、洗濯、買い物など限られた内容ではありますが、介護の仕事が出来ますし、一人で利用者様のご自宅への訪問も出来ます。もちろん、無資格なので利用者様の身体を触るような介助はできませんので、あくまでプラン内容に沿ったことをするようになります。

初心者のヘルパー

介護の資格がない人や未経験の人でも介護業界に参入しやすくなりますね。そういった人たちに向けてのメッセージをお願いします。

最近は、総合事業を専門的に行う事業所を立ち上げているところもあります。また、タイミングにもよりますが、岡山市などが主催する講習を受けて修了書をもらえばすぐに総合事業の仕事をすることも可能です。

介護業界の人手不足を解消するために無資格、未経験者でも介護の仕事に参入しやすくなってきていると思いますね。「介護の仕事に興味はあるけれど経験がないので不安。」、「資格を取るかどうかは実際に介護の仕事をしてみてから決めたい。」という人にとっては始めやすい仕事だと思います。

総合事業の仕事に興味のある人は、岡山市などお住まいの自治体に聞いてみることから始めてみませんか?

介護の資格試験

※この取材内容は、全ての介護職、および介護業界の実情にあてはまるとは限りません。

お仕事インタビューの一覧へ